義妹募集(ガチです。本気です。)

やましい下心なんてありません。妹的な存在を可愛がったり、纏わり付かれたりしたいだけです。

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2武器

MoE住人が見てるようなので少し真面目に考察。
でも主観バリバリなので、あまり真に受けないこと。

まず2武器についてだけど、前提として戦闘技術型であること。
強化魔法でも2武器は不可能ではないが、精神や知能を振る強化戦士タイプは、下手に2武器にするよりも破壊魔法や死の魔法を取ったほうが強い場合が多いよ。

また、2武器にするに当たって、当該武器スキルは100必須という訳ではない。武器スキルの値=命中率になるので、可能ならば100が好ましいのは事実だが、実際問題、命中率UPBuffをかければ多少低くても何とでもなる。
回避特化の相手にはアレだけど、そういう人は別の部分で弱点を持っていることが殆どなので、そこを攻めるなりタックルして放置するなりで対応可能な筈。


■戦闘技術■

で、その戦技のスキル値について。
命中率UPのBuffであるナイトマインド(以下KM)の効果時間=ディレイになる70が最低条件。
ただし、70はあくまでも最低条件。実際運用するにあたって頻繁にかけなおしが必要になって、結果的に秒間火力密度は低くなってしまう為、まともに使っていくならば80は欲しい。
80以上は自分の構成やスキルポイントと相談して決めればよい。
カンフーソウル(以下KS)の効果時間を延ばしたい場合や、センスオブワンダー(以下SoW)を使いたいならば90以上を目指しましょう。

戦技90テクニックSoWとは、移動発動不可能なテクニックを移動しながら発動できるようにするBuffだが、自然調和50テクニックのツイスターラン(以下TR)を使わないのならば、絶対に必要というものでもない。
SoWとの組み合わせで威力を発揮するテクニックとして、TR、グレートエスケープ(調和80)、リーシングスカイ(調和90)、ブラッドレイン(牙90)、ボルテックスホイール(棍棒70)、クエイクビート(棍棒90)、ダイイングファイアー(銃器40)、スケイプゴート(暗黒30)、スレイブチェイン(暗黒60)、及び弓と銃器のアタックといった所であろう。
無論、他にも各種チャージド系など、SoWと組み合わせると面白いテクニックはあるが、SoW必須という訳ではない。
上記テクニックにしても、TR以外は必須という程でもなく、あれば運用に幅が出ることは事実だが、結局のところ自キャラのスタミナ(以下ST)とスキルポイントの余り状況で決めればよい。

当然だが、戦技スキルの値が高ければ高いほど、KMやバーサク(以下B)の効果量や効果時間は長くなるので、スキルポイントが許す限り上げきった方がいい。



では追記にて、各武器スキルの総論と、各2武器組み合わせについての各論を。
■刀剣総論■

刀剣の必要スキル値としては、ソードダンス(以下SD)100%成功の98か100以外ありえない。
刀剣を選択した時点で、ヴァルキリーブレイド(以下VB)とSDを使用しないなんて愚挙以外の何者でもない。

基本的にメインとして使うべき武器スキル。
武器自体もレンジや攻撃力で恵まれているし、テクニック倍率も高い。
確かにSDとVBが強力な為、何と組み合わせてもそれなりにサブとして優秀であることは間違いないのだが、それだけの為に取るのは正直勿体無い。


■刀剣各論■

<刀剣&槍>  評価:△(○)
いきなりで何だが、相性よくない。
思うに、刀剣も槍もメインで使っていくべきスキルであり、どちらかをサブに回すというような運用法ではお互いの利点を生かしあっているとは言えない。
確かに、槍の火力のなさをSDとVBが補う。または、刀剣の対盾惰弱性を補う槍、と好意的に受け取ることもできるが・・・
槍をメインにしようにも、刀剣にはハルバードとほぼ同じ性能のバルディッシュがある。
刀剣をメインに対盾性能の向上を考えるのならば、素直に素手の方がよい。
刀剣素手に比して、メリットがドラゴンテイル(以下DT)しかなく、そのDTの性能は、実際使ってみればがっかりすること請け合い。
ただし、括弧して○評価がついているのは、サムライパッシブを点等させての槍二刀流攻撃をする場合は非常に強い為。
フォークサムライの秒間火力密度はヤバイ。

<刀剣&棍棒>  評価:○
非常に攻撃的な組み合わせ。
刀剣と棍棒、両者とも武器及びテクニックの威力が高い為、一撃必殺の火力を有するユニットになれるだろう。
盾やお好みで素手28と組み合わせてどうぞ。
スタンやガードブレイクからのスニーク、ディスロケ、VB、SDコンボはまさに一撃必殺。
このタイプにスタンやガードブレイク取られたら、色々諦めましょう。
また、棍棒の各種範囲攻撃のお陰で、集団戦にも対応可能。
ソロから大規模集団戦まで広く対応可能な優秀な組み合わせといえる。

<刀剣&素手>  評価:◎
言わずもがな、タイマン最強ユニットw
盾と組み合わせてどうぞ。
刀剣は威力も高く、SDの反射も相まって、非常に強いスキルなのだが、盾に対して非常に弱い面がある。それを素手によって補うべく生み出された、最強厨御用達の組み合わせ。
盾を合わせることがほぼ不可能なジャブでけん制し、盾を構える相手には素手のチャージドでブレイク。
攻撃してくる相手はスタガでスタン取ったり、SDで反射して一気に200ダメージ与えたり。
全く隙がないです。回避型とかパニッシャーが一応苦手ではあるが・・・

<刀剣&弓>  評価:○
素手もだが、弓もどの武器と組み合わせても相性のいい万能サブスキルになれる。
盾と組み合わせてどうぞ。
遠距離からシールとホープレスを叩き込んで、接近して刀剣アタックやVBや高倍率盾貫通技のソニックアロー。お決まりのSDの反射からの一発。
弓はシルガとバンデット以外の盾技を貫通する為、素手と並んで刀剣の対盾惰弱性を補う形にもなる。
弓を当てる技量がある人が使えば、非常に隙のない強い構成。

<刀剣&銃器>  評価:△
終わってる組み合わせ。
銃器は事実上アタックしか攻撃手段がない為、この組み合わせでの刀剣は、SDとVBのみに使われることになる。弓と違って接近しても銃はそのままアタックできるしね。
そりゃ、SDの反射とVBの即効大ダメージは強いけど・・・
というか、そもそも銃器は色々諦めれ。


■槍総論■

槍の必要スキル値としては、ポールシフト(以下PS)100%の48、DT100%とフォーク装備可能(61)の68、ハルバード装備可能な91、100となる。
デッドリーホロウ?ナニソレ?

刀剣と同じく、メインで使っていくべきスキル。ハルバードとフォークが非常に強い。自分のスタイルに合わせて選択されたし。
基本的に、手数とレンジに恵まれていて、槍1武器でも十分な決戦力を有する為、2武器に拘る必要はそれほどないのかもしれない。


■槍各論■

<槍&棍棒>  評価:○
是非に調和と組み合わせてどうぞ。
移動可能技としてスニークが加味されるのは大きが、火力としては槍1武器、ないしは棍棒1武器とそれほど変わらない。
スニークからのコンボは結局棍棒の火力に頼ることになるしw
そんなことよりも、だ、このタイプは調和と組み合わせることによって、最強の追撃ユニットになれる。
PSと調和の最速性能で追いついて、ハルバードの長レンジ攻撃、DTの移動可能ガードブレイク、スニークの足止めと、ポイント稼ぎ放題。当然逃げ足も最速w
まさにwarageの申し子と言える構成。追撃王を目指すなら是非。

<槍&素手>  評価:◎
刀剣素手と並ぶタイマン最強構成の一角。
兎に角手数がやばい。特に盾使いにとっては悪夢の一言。
盾貫通技のラッシュで、どんな相手に対しても一方的に攻撃を叩き込み続けれる鬼の構成。
ラッシュで敵を圧倒するタイプの為、回避と相性がよい。
余りポイントは、調和、抵抗、盾、酩酊、死魔法、ダンスなど、お好みで取るとよいだろう。どれと組み合わせても、それぞれ特色が出せて楽しい。

<槍&弓>  評価:○
これも中々強い構成。刀剣弓のアウトレンジバージョンと考えればいいだろう。
調和や盾と組み合わせて、敵のアウトレンジからチクチク攻撃を入れていこう。
また、盾に対しても強い構成であることは言うまでもない。槍素手と同じくラッシュで決めよう。
弓を当てる技量があるのならば一考されたし。

<槍&銃器>  評価:×
最低。最低の組み合わせ。
槍も銃器もメインにするべきスキルだとは前述した通りである。刀剣銃器の場合と違って、槍にはSDやVBといった目に見える有用なサブ性能はない為、お互いの利点を食い合ってる最悪の組み合わせ。うんこ。


■棍棒総論■

棍棒の必要スキル値は、モルゲンステルン装備可能の81、クエイクビートの98、100となる。

棍棒を使うのならば、モルゲン以外あり得ない。というか、他にろくな武器ないし、モルゲンの性能は非常に優れているのでモルゲンで。
ただ、81にするなら、80テクニックのディスロケが100%になる88まで上げないのは正直勿体無いから、やっぱり88が推奨w
そうなると90のクエイクがもう少しで使えるkr・・
スニークが神性能。これの為だけに取る価値がある。モルゲンの武器性能は高いし、テクニックの倍率も全体的に高い。
また、棍棒は範囲攻撃に恵まれている為、棍棒を取ると自動的に集団戦での性能が向上する。
ただし、棍棒単体ではモーションが遅くて視認性も高い為、非常に盾に弱い。


■棍棒各論■

<棍棒&素手>  評価:○
是非に酩酊と組み合わせてどうぞ。
タイマン性能は刀剣素手に順ずる。刀剣素手に比してタイマン性能を犠牲にした分、集団戦での寄与を上げたタイプ。
盾を組み合わせれば普通に強い。
が、どうにかして酩酊を是非取って欲しい。
酩酊と組み合わせることによって、範囲攻撃の鬼になれるw
ビックバンフィストは神性能だし、フレイムブレスも抵抗ない相手には非常に有効。当然ボルテとクエイクも振り回していきたい。
集団戦で、ブンブン腕振り回して大暴れされたし。
個人的に作りたいと思ってるタイプ。

<棍棒&弓>  評価:○
刀剣弓の集団戦に対応できるタイプだと思えばよい。
スニークからのディスロケ、ソニックコンボは強烈。
しかし、このタイプには是非に是非に、水泳を取って欲しい。
水中では水泳スキルが低いと動きが緩慢になる為、遠距離攻撃当て放題だったりする。また、逃げる相手に後ろから水中スニークとか鬼。
向かってくる相手はクエイクやボルテで吹き飛ばしてあげましょうw
また、同じく水泳持ちと戦う際に、棍棒が非常に頼もしいショートレンジウェポンになってくれるであろう。
実際、この構成の水泳持ちに水中で狙われるともう無理。

<棍棒&銃器>  評価:△
よくもなく、悪くもなく。
ダイイングファイアーはいくら範囲攻撃とはいえ、正直使用に耐えれるものではない。結局普通に棍棒で戦うことになる予感。
調和とセットで取ればなんとか様になる。
追撃の際、調和で追いついてスニーク、ディスロケ、銃アタックのコンボは、決まれば脳汁がでるようなダメージ。
ロマン派はどうぞ。


■素手総論■

素手の必要スキル値は、チャージドフィスト100%成功の28、シップナックル装備可能の30、、スパルタンフィスト100%成功の88、FMナックル装備可能の90、100となる。

どうしてもポイントがギリギリならしょうがないけど、ナックル装備するとレンジが結構伸びるので、できるなら28から2ポイント位は捻出して30にしよう。88→90も同じ。
兎に角、手数と対盾性能が優れた、サブとして非常に優良なスキル。
スパルタンフィストのHP回復も神性能。サバイバリティに溢れるスキルといえるだろう。


■素手各論■

<素手&弓>  評価:○
言うまでもないが、弓はショートレンジだと攻撃が素手になってしまう。どうせショートレンジで素手になるなら、素手も上げちゃえばよくね?という、仕様を逆についたタイプ。
でも発生の経緯はともかく、普通に強い。
ショートレンジの素手とアウトレンジの弓。手数も十分。対盾性能も上々。
弓を当てれる技量がry

<素手&銃器>  評価:△
何度も言ってきたが、銃器はショートレンジでも普通にアタックできる為、接近戦を考えてサブを取る意味はない。
また、飛び道具であるのだから、何もしなくても対盾性能はそれなりにあるわけで・・・
まぁ・・・銃器の長いアタックディレイを補う為に、素手は悪い選択肢じゃないけどねー。
スパルタンが便利だよ!


■弓総論■

弓の必要スキル値は、シールショット100%の88、ゴルゴダショット100%の98、100となる。

主力がシールとホープレスになる為、88以下はありえない。ゴルゴダは閉所でかつ、PTメンバーが近くにいるなら強力な攻撃手段。でも別にどうでもいい。
遠距離攻撃である為、それだけで対盾性能がそれなりに付与される。
ただし、使っていくテクニックが上位に位置する為、刀剣と同じくST管理に気をつけたし。


■弓各論■

<弓&銃器>  評価:○
唯一、銃器が相性いいと言える組み合わせ。
弓はショートレンジではアタックが素手になってしまうが、銃器でアタックすることでそれを解消。
また、銃器は事実上アタック以外に攻撃手段がないのだが、弓の各種テクニックで間を補える。
お互いの足りない部分を上手く補い合った、良好な組み合わせ。
遠距離攻撃のスペシャリストと言えよう。但し、当てる技量が絶対的に必要となる。当てれる人ならば鬼のような強さになるかもしれない。


■銃器総論■

銃器の必要スキル値は、ブラストファイアー100%の38、ライフル装備可能の61、EWライフル装備可能の90、100となる。

但し、銃器90テクニックのマッスルキャノンは、1,2を争う程のネジが外れたお馬鹿テクニックなので、個人的には98か100を勧めたいw
攻撃手段がアタックのみになる為、基本的にメインで使っていくことになるスキル。ダイイングは色々論外。
ただまぁ・・・組み合わせとしては弓や投げといった遠距離攻撃同士でアタックの間を補った方がいいと思うよ。
何だかんだ、一番相性いいのは2武器ではなく、投げデス。





以上、長々とお疲れ様でした。
ここで上げた組み合わせの評価は、あくまでも私の主観でしかありません。
また、単純な2武器だけでなく、牙や罠やキックや物まねや暗黒といったサブスキルをこれらに加味していくことで、また違った評価や可能性があるでしょう。
個人的にお勧めのサブを一応それぞれ述べておきましたが、各種サブスキルまで考慮すると組み合わせはとてつもなくなるので、自分で色々探してみてネ。スキル制の自由な組み合わせを楽しみましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gimaiiiiiiiiiiiiiiii.blog63.fc2.com/tb.php/31-c513b4a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

gikei

Author:gikei
ぼぼぼ、僕の妹にならないかい?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。